ライフスタイル

溜まった本を全てデータに!”自炊”の方法と必要な道具を徹底解説!

 

どうも、フクロウです。

 

読書、好きですか?

 

マンガ、小説、参考書、エッセイ、画集・・・

 

世の中には多くの本が溢れていて、電子書籍が大ブレイクしている現在でも、「紙媒体としての本の良さ」はありますよね。

 

ただ実際の現実問題として、本を買えば買うほど冊数は溢れかえり、本棚に入りきらなくなることもしばしばあるのではないでしょうか。

 

僕はゲームの攻略本とマンガが大好きで、それはもう大量の冊数が部屋に転がり、整理してもしきれない状態になってしまいました。

 

本買うならちゃんと片付けなさい!

と母親に叱られることも多かったです(笑)

 

そんな本たちを全てデータ化し、紙自体は捨てることで一気に綺麗にする方法があります。

 

”自分で電子書籍をつくる”というイメージですね。

 

その方法を、”自炊”といいます。

 

 

今回は、その自炊の方法と道具について徹底的に解説していきます!

 

 

 

自炊のメリットは?

 

自炊のメリットは、なんといってもスペースの産出です。

 

 

ここまでの状態はなかなかないでしょうが、似たような状態の方はけっこう多いのではないでしょうか?

 

けど、せっかく集めた本を全て売り払うのはもったいないし、しばらくしたらまた読みたくなる本もあるかもしれないし・・・。

 

躊躇する理由は人それぞれでしょうが、好きな本をスペースのために売ることはなかなか度胸がいるものです。

 

自炊をすると、上の写真のようになっている部屋でも1日頑張ればすっきりします。そして、全ての本はデータ化され、PC上に残るのです。だからいつでもPCやスマホ、タブレットを介して読むことができます。

 

また、自炊した本(自炊本)をスマホなりタブレットなりで読むとしたら、外出する際にも全ての本を持ち運びしているのと同じ状態になります。だから暇つぶしなどに困ることはありません。

 

待ち合わせに早く着いたとき、病院の待ち時間、ちょっと疲れた時にカフェに入って・・・などなど、どんなシチュエーションでも全ての本を閲覧できるなんて素晴らしくないですか?

 

自炊のイメージ

 

詳しい方法や手順は後述するとして、簡単なイメージをお伝えしますね。

 

自炊は、本を裁断し、スキャナーを使ってスキャンすることで行います。

 

超簡単で申し訳ないですが、本当にこれだけのことです。

 

データはクラウド上に保存することができるため、どのデバイスでもアクセスして閲覧することができるのです。

 

 

 

自炊に必要な道具は?

 

では、自炊に必要な道具を書いていきます。

 

大きく分けて2つ。「裁断機」と「ドキュメントスキャナー」です。

 

裁断機「DURODEX 自炊裁断機 200DX」

 

まずは裁断機から説明します。僕が使っているのはこのモデルです。

 

このDURODEX 200DXは自炊用の裁断機として最も高いシェアを誇っており、言ってしまえば「テンプレ」です。これを使っておけば間違いない!というモデルです。

 

もう少し安い価格になると”200DX”ではなくて”180DX”というモデルがあります。

 

 

もちろん180DXでも自炊は可能です。ただ、200DXとの違いは「裁断できる本の厚さ」なんですね。

 

○180DX・・・裁断厚15mm
○200DX・・・裁断厚18mm

 

となっています。

 

3mmで何が変わるの?と思われるかもしれませんが、めちゃくちゃ変わります。そもそも本で3mm稼ごうと思ったら数十ページ必要になるわけですし。

ただ、「200DXにしたら全ての本を裁断することができる」というわけではありません。当然18mm以上の厚さになっている本なんてたくさんあるわけですし、200DXにすると「ちょっと厚めの本も一発で裁断できる」という認識でいてもらえればと思います。

 

ドキュメントスキャナー「EPSON DS-570W」

 

スキャナーには多くのタイプがあるのですが、この「ドキュメントスキャナー」は、「多くのページを高速でスキャンしていく」作業に適しているタイプです。

 

ドキュメントスキャナーは基本的に高機能なため高価な商品が多いのですが、その中でも安価で使いやすいモデルがこの「EPSON DS-570W」です。

 

DS-570Wの特徴はこんな感じです。

 

○Wi-fi対応でワイヤレスでPCにスキャンしたデータを転送できる
○1分間に35枚の高速スキャン
○両面スキャンが可能

 

なんせ、スキャンの速度が超速いです。

 

ドキュメントスキャナーの「テンプレ」と呼ばれるモデルは「富士通 ScanSnap iX500」です。ScanSnapという名前は聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

 

ただ、このiX500は間違いなく良い商品で自炊の文化を定着させた貢献モデルであることは間違いないのですが、もう発売して何年も経っているモデル。スキャン速度は1分間に25枚。DS-570Wの速さがよく分かる比較だと思います。

 

カッターナイフ「OLFA スピードハイパーAL型」

 

裁断機を上記の「200DX」にしたとしても、厚さ18mmを超える本は裁断することができません。

 

では、どうするのかというと、本をさらに細かく切って小分けにして裁断機で裁断するわけです。

 

そのためのカッターナイフとして最適なモデルが、この「OLFA スピードハイパーAL型」です。

 

本を裁断するときのカッターナイフは、厚さに負けないための刃の大きさと滑りにくさが必要です。それらを兼ね備えているモデルがこのモデルですね。

 

同様にマットも必要でしょう。

 

下図のように本の表から刃を入れていくと、真っ二つに切ることができます。

 

 

 

実は裁断機がなくても、1ページずつこの方法で地道に切っていけば自炊はできます・・・。

 

が、超絶めんどくさいですよね(笑)

 

だから、裁断機の裁断厚以下になるまでカッターナイフで小分けにしていき、裁断厚以下になったら裁断機で一気にバスンっと裁断してしまう方が圧倒的に速いです。

 

 

 

自炊の手順は?

 

では、自炊のイメージと道具を理解してもらったところで、いよいよ自炊の方法を解説していきます。

 

実際に僕が自炊をする様子を写真を交えながら説明していきますね!

 

 

もう漫画本とかは全部自炊してしまったので、今回は仕事で使う「社会の教科書」を自炊していきます(笑)

 

本を裁断する

 

じゃあ、早速いきましょう!

 

まずは200DXに受け木(黄色の棒)をセットします。

 

 

そして、写真左下の赤いボタンを押すと、裁断機の刃が当たる部分のガイドラインがLEDとして照らし出されます。

 

 

では、さっそく本をセットしていきましょう。本は”背”と呼ばれる部分の一部が糊付けされて固定されているので、糊付けされた部分を切り落とすイメージでセットします。

 

最初は慣れないと思うのですが、本を上から覗き込みながらペラペラとめくってやると、絶対に剥がれない固定された部分が見つかるはずです。そこを切り落とします。

 

 

こんな感じですね。このあたりの塩梅は慣れです。5冊も裁断したら慣れます(笑)

 

いよいよ刃を下ろします。バスンっと景気よくいきましょう。

 

 

はい、これで裁断できました!1枚ずつペラペラめくってやると、バラバラになっていることが確認できると思います。

 

 

ね。バラバラです(笑)

 

スキャナーでデータ化する

 

裁断できたら、後はスキャナーで読み込んでデータ化してやるだけです。

 

データ形式はPDFが良いですね。

 

 

僕のDS-570W。もう使いまくってボロくなってます(笑)

 

まずはスキャナーの準備をして・・・。

 

 

読み取り口にバラバラになった本をセットします。

 

このとき、DS-570Wは背面から読み取っていくので、裏返して置いてやると上手くいきます。

 

 

あとは、スイッチオン!ガーガーと、高速で読み取られていきます。

 

 

はい、これにて終了です。

 

慣れてしまえば裁断からスキャンまで1冊5分ほどでできます!

 

ここまでで一応”自炊”という作業は終了なのですが、この後の話も書いておきますね。

 

データを確認する

 

スキャナーの設定によりますが、PC上にはこのようにPDF形式で保存されています。

 

 

他の教科書も自炊して、いつでもタブレットで授業に使えるようにしています。

 

このPDFファイルを開けば、本の内容が全て閲覧できる、というわけです。

 

容量は大きいので、PDFを扱うソフトを使って縮小することもできます。ただ縮小すると当然画質は落ちるので、そのあたりは個人の好みですね。

 

番外編:iPhone、iPadで自炊した本を効率よく読むためには?

 

PCでは上記のPDFファイルを開けば自炊本を読むことができます。

 

この自炊本のPDFファイルをDropBoxなどのクラウドサービスにコピーすれば、アクセスできるスマホやタブレットで読むことができます。

 

ただ、本っぽくない・・・。

 

冒頭で述べましたが、読書好きは「本をめくる楽しさ」「本らしさ」も大切にしている人が多いです。PDFにしただけのデータは、たしかに読めるけど薄っぺらく感じてしまいます。

 

だったらアプリを使えばいいじゃない!

 

ということで、「PDFファイルを本っぽく読むことができるアプリ」が存在しています。

 

その名も

 

i文庫S
i文庫S
開発元:DWANGO Co., Ltd.
¥250
posted withアプリーチ

「i文庫」です。「S」と「HD」があるのですが、基本的な機能は同じです。最初にプリセットとして入っている本の冊数などが違います。

 

このi文庫はクラウドサービスに保存してあるPDFファイルを読み込んで閲覧できる機能があります。

それを活用して自炊したPDFをi文庫で読み込む、という流れです。

 

自炊したPDFファイルをクラウドサービスへコピーする。

 

i文庫がサポートしているクラウドサービスはこちらです。

 

 

自分で使用しているクラウドがあれば当然そのクラウドに保存すればいいです。

 

もし「クラウドは使ったことない!」という方がいたら、1番上の「DropBox」がオススメです。

 

世界的に有名なクラウドサービスなのでセキュリティも強く、使用方法などの情報もたくさんネットに転がっています。

 

クラウドからPDFを選択する。

 

i文庫からクラウドを辿り、自炊したPDFを選択して読み込めば完了です。

 

「本棚」にPDFファイルが読み込まれ、本物の本棚のように整理されていきます。

 

 

数字は巻数ですね。

 

i文庫の魅力的な機能は以下の通りです。

 

○本を「めくる」操作で読むことができる。
○しおり機能付き
○左右開きを選択可能

 

i文庫を使えば、データにしてしまった本も、「まるで本物の本のように」読むことができます。

 

自炊をして本をデータにすることはできたけど、やっぱり本らしくなくて寂しい・・・。

という悩みを解決することができるアプリです。

 

僕もずっと愛用しています。

 

 

 

まとめ ~自炊すると整理整頓でき、全ての本を持ち歩くことができる~

 

コレクションしてきた本を裁断してデータにすることは度胸がいることです。

 

もちろん、愛着がある本は本のまま残しておくことも良いでしょう。「効率よりも思い入れ」は僕もすごく共感できますし、僕にもそういう本はあります。

 

ただ、読書好きな方はこれからも本が増えていくはずです。それら全ての本はいつか収納できなくなり、途方に暮れてしまうかもしれません。

 

しかも、紙は年数を経るごとに劣化し、破れてしまったり濡れてしまったりと破損することもあります。

 

自炊をすると・・・

 

○PDFファイルは永久に劣化しない。
○クラウドにコピーしておけばバックアップにもなる。
○スマホやタブレットを使えばどこにでも持ち歩くことができる。
○紙媒体ではなくなるので、スペースを確保することができる。

 

というメリットがあります。

 

もしこの記事を読んでいただいて、自炊に魅力を感じてくれたならぜひ取り組んでみてください!

 

では、また~。

 

ABOUT ME
フクロウ
フクロウ
公立学校で教員をしています。 毎年担任をしていますが、持ち帰り仕事や休日出勤はゼロです! 試行錯誤しながら考えた仕事術なんかを書けたらと思います。 他にも、学生や保護者向けの記事、趣味全開の記事など書きます。 物書き楽しい!!