音楽

初めてのエレキギターを後悔しないで選ぶ方法! ~バンドリでも好きなバンドでも、とにかく見た目重視でモチベーションアップ!~

 

どうも、フクロウです。

 

以前、ギター初心者である俺が”初心者視点で”Fコードを攻略する方法を記事として書いてみたのね。

 

 

その記事の中で、「アコギでもエレキでも好みで構わない」って書いたんだけど、アコギやエレキにも細かく見てみたら違いはあって。

 

ギターの種類ありすぎてどれ買えばいいのか分からない!という方向けへのガイドみたいなのを書いてみようかと。

 

とりあえず今回はエレキギター編!

 

※追記:アコースティックギター編も書きました!ぜひ読んでくださいな。

 

 

エレキギターの選び方と必要なもの

 

エレキギターは見た目が大事。

 

エレキギターの種類だったら・・・

 

テレキャスター

 

ストラトキャスター

 

レスポール

 

と大きく3種類の仲間があるのね。

 

けいおん!とかのアニメで取り上げられた

 

「ギブソン」というメーカーのレスポールは有名よね。

 

“blogs.c.yimg.jp”

 

けいおん!がきっかけでギターを始めた人がめっちゃ増えて社会現象みたいになったらしいねw

 

俺はその時はギターは弾いていなくてピアノしか弾いてなかったから、その時から始めてればもっと上達してたのにな~なんて、今になって思ってます。

 

「昔から○○やってればな~」ってけっこうあるあるだよね。

 

でも、楽器は何歳になってからでも始められるのが良いところ!

 

話を戻して、エレキだったら正直

 

見た目が好きなモデルを選べば良い

 

と思う。

 

例えば俺がもっているのはテレキャスターなんだけれども、めちゃくちゃ見た目は気に入ってる。

 

ギターってなんというかこう、インテリア的な要素もあると思うのよ。

 

部屋にあるとかっこいい・・・みたいな。

 

もちろん弾けるようになった方がいいんだけど、そういう側面もあるよね。

 

で、ギターをかなり練習して耳が慣れてくると、

 

あ、これはテレキャスの音だ!

 

とか

 

これは絶対レスポールの音だ!

 

とか分かるらしいのよ。

 

それで、曲の性格に合わせてギターの種類とかを変えるらしいんだが・・・

 

初心者にそんなん分かるわけがない!

 

ので、店頭に行ったりインターネットで買ったり、買い方はなんでもいいんだけれども、とにかくエレキギターを買うならば見た目で選ぼう。

 

見た目って音質に関係ないじゃん!って思われるかもしれないけど、音質以外の部分でけっこう大切だと思うよ。

 

なにがって、モチベーションのために。

 

ギターの練習ってけっこう反復練習とか多くてしんどい練習もあるんだけど、自分的にかっこいいと思ってるギターだったら

 

こいつを弾きこなしてみてえ!!!

 

って熱くなるじゃんね。

 

だから初心者は絶対に見た目重視でいい。

 

練習しまくって欲が出たら違うタイプの商品を買えばいいと思うよ。

 

あとは、何かのモデルに使われているものとか。

 

それこそ、けいおん!が好きなら唯が使っていたギブソンのレスポールに見た目が似ているものを買えばいいし(本物でもいいけど30万くらいするよ)、ちょっと前なら

 

Angel Beats!

 

とか、今なら人気絶頂の

 

Bang Dream!(バンドリ)

 

があるよね。

 

バンドリのモデルもけっこう出てるみたいよ。

 

とか

とか

とかとか。
自分の推しキャラのモデルとか使ってたらテンション上がるよね。

 

さっきも書いたけど、楽器の練習は地道な反復練習が多くて、それを大切にしないと上達は難しい。

 

なかなか上手くいかなくて心が折れかけることもあって、本当に弾かれない”ただのいい感じのインテリア”になってしまうこともある。

 

推しキャラのモデルだったらテンションも上がってモチベもアップするでしょ。

 

推しキャラのモデル使って諦めるとか自分に恥ずかしくなるでしょ。

 

と、いうわけで

 

エレキギターを買うなら見た目重視で買おう!

 

 

 

エレキギターを買うときに一緒に買ったほうが良いものって?

 

ピアノ弾きだった俺が初めてギターを買ったときに思ったのが・・・

 

ギターって付属品多っ!!

 

でした。たぶんギター本体だけ買って練習を始めようと思っても難しいと思う。

 

なぜなら、ギターは鍵盤楽器と違って自分で弦の張りとかを調整して音程を鳴らす弦楽器。

 

だからこそ調整するための道具も必要になるわけよね。

 

全部が付いているセットもあるんだけれども

 

こんなのね。

 

まあ、この手のものを最初に買っておけば間違いないんだけれども、

 

余計なものは欲しくない!

 

ギターにお金をかけたいから、付属品は最小限でいい!

 

という人もいるでしょう。

 

だから、最低限絶対必要な物を書いてみるね。

 

○チューナー

はい、まずはこれ。音の高さを合わせる「チューニング」をするための道具。

 

スマホアプリもあるんだけど、本当に最初の最初はギターの音の正確な高さを知るために専用の物があった方が良いと思う。ある程度慣れてきたら、アプリで大体の音程まで合わせて後は微調整~ってのができるんだけどね。

チューナーにも色々な種類があるんだけど、俺がオススメするのは「クリップ型」ってやつ。ギターのネックに付けておくだけでいいので取り回しが楽!

 

こんなの。

 

チューニングってめんどくさいのよ・・・。で、シールド(ギターのケーブルのことをシールドっていいます)を差し込むタイプのチューナーもあって、そっちの方が正確なんだけど、毎回抜き差ししてめんどくさい・・・。

 

チューニングは大切だけど、めんどくさすぎると練習が億劫になっちゃって練習から遠くなっちゃう原因になる。

 

だけどこの手のクリップ型チューナーなら一瞬でチューニングできるから億劫じゃない!

 

ギター教室とかでももっぱらクリップ型だし、オススメ!

 

○ピック

ギターの弦を指で弾く奏法を「フィンガー奏法」といいます。

 

対して、ピックという三角形の道具を使って弾く奏法を「ピッキング奏法」といいます。

 

エレキギターはピックで弾く場合がほとんど。なのでピックは絶対にあったほうがいいよ。

 

ピックにも種類があって形状と硬さが違うのね。まずは形状について説明すると・・・

 

・ティアドロップ

涙みたいな形をしているもの。

 

・トライアングル

正三角形に近い形をしているもの。

 

 

・ジャズ

ティアドロップの先端をもう少しシャープにしたもの。

 

・サムピック

親指を入れる輪があるもの。

 

以上4種類の形状がある。

 

硬さ(厚み)については・・・

 

○Thin・・・約0.5mm。一番柔らかい

○Medium・・・約0.7mm。

○Heavy・・・約1.0mm。

○Extra Heavy・・・約1.15mm。一番硬い

 

って感じ。とりあえずギター初心者は硬さはMediumでいいと思う。

 

柔らかすぎても硬すぎても弾きにくいと思うので、最初はスタンダードでいこう。

 

形状についてはどれでも良い・・・と言いたいところなんだけれども、サムピックだけは最初はおすすめできないかなー。ちょっと特殊なんだよね、あれ。

 

フクロウおすすめはティアドロップ。小回りが効くし弦にしっかりヒットさせやすい。

 

トライアングルもいいんだけどティアドロップよりは少し小回り効かないイメージ。

 

なので、とりあえずティアドロップ(Medium)を主軸にして、色々触ってみて弾きやすいピックを探せばいいと思うよ。

 

ピックの何がいいって、単価が安いこと。

 

島○楽器とか行くと、数百円でピックの掴み取りとかやってるよw

 

だから予備も含めて複数個ストックしておけばいいかな。

 

この手のアソート系商品とか1つ買っておけば相当保つんじゃないかな。

 

あとは、ピックもギター本体と同様に様々なモデルが出るから、それを使ってモチベを上げるのも1つの策。

 

有名バンドのライブとか行くとためにギタリストやベーシストがピックを投げてくれるよね。

 

あとは、やっぱりバンドリの商品は多くて人気。流石にガチな人材で楽曲制作してるだけあって商品展開にも余念なしって感じ。

ESPがバンドリとの関連深そうだね。

 

ピックは最初のうちは割っちゃうことも多いと思うから予備多めくらいでちょうどいいんじゃないかな。

 

○ギターケース

いやいや最初からライブとかしないから!しばらく練習だから!

 

ってのは分かるんだけど、ギターをしまうときには必須。

 

せっかく買ったギターだから大切に保管したいじゃん。そのための道具で、ギターを大切にするなら必須だね。

 

この辺だとカラバリもあってかなり安価かな。ギターケースは必須だけど、ライブをガンガンやる人じゃなければ、別に高価なものが必要だとは思わないので、これくらいで遊び心持ちながら選ぶのが楽しいんじゃないかな。

 

 

 

スポンサーリンク

おわり

 

よっし、まとめるぞ!

 

・エレキギターは見た目重視!
・ピックも見た目重視!ティアドロップ(Medium)は1つは持っておこう!
・ケースは安価でいいよ。
・チューナーはクリップ型が簡単にチューニングできてオススメ!

 

次回はアコギ編を書いてみるよ!

 

エレキはアコギと違って見た目でモチベを上げやすい(カラバリとかモデルがたくさんある)から、自分がテンション上がるような商品を買おう!

 

では、また~

 

 

 

ABOUT ME
れぽん
れぽん
公立学校で教員をしています。 毎年担任をしていますが、持ち帰り仕事や休日出勤はゼロです! 試行錯誤しながら考えた仕事術なんかを書けたらと思います。 他にも、学生や保護者向けの記事、趣味全開の記事など書きます。 物書き楽しい!!
こちらの記事もおすすめ!