ライフスタイル

初めてアルバイトをする人が楽しく働けるためのコツ! ~注意するのは身だしなみと挨拶~

 

どうも、フクロウです。

 

今回はアルバイトについて書いてみます!特にこれから初めてバイトをしたり、今何かのバイトをやっているけれども違うバイトに変えようか悩んだりしている人のための記事にしてみようと思います。

 

バイトは最初は誰でも緊張するし、どんな仕事でもお金をもらうことは楽じゃないよね。

 

でも、そんな中でも注意するポイントをきっちり押さえて臨めば、不用意なミスだったり意味わからん人間関係のトラブルに巻き込まれたりってのは減る!

 

学生さんとか主婦の方とか、年齢性別問わずどんな方でも働いてお金を稼ぐことができるのがバイト。毎日の生活の中で良いスパイスになってバイトが楽しくて仕方ない!って人も多いよね。そんな人はバイトは楽しいしお金はもらえるしで、すごく充実してそうだよね。

 

そんなバイトライフを獲得するために、俺自身が経験してきた色んなバイトの内容も踏まえて下準備や情報収集、バイトを始めてからのコツを書いていくね!レッツゴー!

 

 

 

 

バイトを始める前にやっておくこと

 

情報収集のポイント

 

お金がほしい・・・
マンネリした生活に刺激がほしい・・・
新しい人間関係を作りたい・・・

 

バイトをやりたくなる理由は人それぞれ。で、インターネットで「アルバイト 感想」とか調べてみると

 

うちの職場はバイトなのに責任を取らされる!
先輩が性格悪くて最悪!
バイトなのにタイムカード切った後に仕事させられる!

 

とか、色々「ブラック」な感想が書いてあるのよね。

 

でもそんなブラックばっかりだったら社会から色々な店がなくなってるはずだし、基本的にネットには仕事の愚痴を書きたい人も多いから、そういうのはそこまで深刻に考えなくていいよ。

 

ただ、闇雲に求人に突っ込んでいくと火傷するのも事実。

 

だから、個人的な感想は見ない。けれど、下に書いてあることだけは絶対に調べよう!

 

①時給はいくらか。(60分単位で計算すること)
②研修期間はどれくらいか。
③自宅からどれくらいの距離か。
④通勤手段は選べそうか。(特に車通勤の場合は駐車場関連)
⑤勤務時間は自分が余裕をもって働ける時間配分か。

 

①時給はいくらか。(60分単位で計算すること)

時給はバイトの根幹をつくる部分。で、経営者側からしたらなるべくバイトの時給を上げたくはないもの。それは店を経営する側の人からしたら利益を得るために仕方ないって納得できる気はするんだけれど、中には表記が紛らわしい物があるの。

 

例えば塾講師。

 

俺は某超大手学習塾で塾講師のバイトをしていたんだけど、そこの広告は

 

1コマ1500円

 

だったのね。俺は「60分で1500円とかすげえ!」とか勝手に時給1500円と勘違いしてバイトを始めました。

 

なんとなくオチが分かると思うんだけど、そのバイトの「1コマ」とは「90分」だったのよ。授業は90分で1コマ。だから90分で1500円の給料が発生するというわけ。ってことは

 

計算してみたら時給1000円じゃん

 

ってなったわけね。でも時給1000円って大学1年生としちゃそんな悪くない金額だから「まあいっか~」なんて思いながら働き始めたのね。それで給料が出て明細を見たら

 

給料低っ!!

 

ってびっくりして。

 

時給1000円のバイトで給料が低かった理由としては、1コマ90分で1500円支払われるというシステムのせい。

 

例えば塾講師の場合は、当然生徒が来ている時間しか労働はないわけよ。

 

で、小学生とか中学生が入る塾ってのは基本的に遅くても10時前くらいには終わるわけよね。夜遅すぎても危ないし。でもそうなると、せいぜい1日に入れるのは1~2コマになっちゃって。もちろん4~5コマ入ってる人もいたけど、俺は大学の授業後だったから時間的に制約があってね・・・。

 

そうなると、2コマだったとしても1日に3000円。

 

週に2日シフトだと週に6000円

 

1ヶ月が4週間だとして24000円

 

ってこと。後で書くけど、同じ時給1000円だったバイトは月に7万とかいったこともあって、塾講師で稼ぐのは難しいな~っていう経験があります。

 

もちろん塾講師のバイトでとんでもない額を稼ぐ友達もいたよ。でもその友達は夕方からずっとバイトに入れたからで、俺とは全然ライフスタイルが違ったからなんだよね。

 

だから、俺みたいな失敗をしないように、

 

時給を計算したら、週に2日勤務したとして月にどれくらい稼げるのかまで概算で計算しよう。

 

これは1番やらなきゃいけないことだと思うよ。

 

②研修期間はどれくらいか。

これはもしかしたらなかなか情報が転がっていないかもしれない。

 

けど、ネットで「バイト 研修 求人」とかで検索してみると研修制度がしっかりしているバイトの求人を探すことができるよ。

 

研修制度あり!初心者の方でもお仕事に慣れるまでスタッフがサポートします!

 

みたいな文言ね。

 

大体のバイトでは「研修期間」といって、バイトの先輩とかマネージャーとかが仕事を丁寧に教えてくれながら一緒に働ける期間があるのね。いってみれば「練習期間」って感じ。

 

んで、最初はすごくありがたくて、研修が一切ないバイトは絶対やらない方がいいと思うんだけど、その期間が大切でね。

 

というのも、基本的に研修期間は時給が下がるのよ。教えてもらってる側で一人前じゃないから~ってイメージね。でも、言葉悪いけど人件費をガリガリに削りたいって経営のバイト先だと、この研修期間がやたら長いところがある。

 

大体の仕事を覚えて「そろそろ本来の時給で働きたいな・・・」と思っても、しばらくの間安い時給で働かきゃいけないってこと。

 

それもけっこうなストレスになる人もいるので、研修期間がどれくらいかが情報あればチェックしておこう!目安は週に2~3日のバイトなら研修期間は2週間~1ヶ月くらいかな!たまに研修期間2ヶ月とかあるけど、流石に長すぎるかな・・・w

 

③自宅からどれくらいの距離か。
バイトをする人ってバイト以外のことに時間を取られることも多いと思うの。

 

学校、育児、勉強、スポーツ・・・などなど。

 

そうなると通勤時間のロスタイムってけっこう響いてきて、「バイトに行っちゃえばいいんだけど行くまでがめんどくさい」ってなりがちなのよね。

 

だから自宅との距離感はめっちゃ大切。近すぎてイヤな人もいるけど、せいぜい自転車で片道20分圏内にしておいた方が無難だと思うよ!

 

④通勤手段は選べそうか。(特に車通勤の場合は駐車場関連)

俺が最終的に1番長く働いたバイト先は自宅から徒歩5分のところだったから、雨だろうが台風だろうが全然大丈夫だったのね。でも、中には車で通勤している方もいて。

 

例えば飲食店とかコンビニとか、駐車場はあるんだけど早いところ客をローテーションさせたいタイプの店からしたら、店員の車で駐車場1台分のスペースを埋めちゃうのは、下手したら売上に響いちゃう事案。

 

電車通勤がNGってのは俺は今のところ聞いたことないけど、特に車通勤の人はそんな理由でしっかり確認した方が良いよ!あと、原付の人も自転車置き場に原付を停めておいて良いか確認した方が良いね。

 

⑤勤務時間は自分が余裕をもって働ける時間配分か。

これは主に大学生がないがしろにしてしまっていることかな・・・。

 

俺はコンビニの夜勤もやっていたこともあったんだけど、シフトが22時~6時だったのね。

 

んで、大学もあったから・・・

 

9時~16時 大学の講義
17時~20時 大学のレポートとか研究室関連のこと
20時~21時半 仮眠
22時~6時 バイト
6時半~8時 仮眠
9時~大学

 

みたいなライフスタイルになっていったの。

 

でもね、大学生くらいの体力だと「こなせちゃう」んだよね。

 

眠いし胃もグルグルしてるし体調最悪だし、でもこなせちゃうんだよね。

 

けどそんな生活の中で圧倒的に変わったのは

 

風邪引く回数が尋常じゃなく増えた
こと。

 

代謝も高いし元来身体は頑丈なんだけど、夜勤やってる期間は信じられないくらい風邪引いたよ。

 

やっぱり人間ってのは無理しても続かないように身体が悲鳴上げるような仕組みになってるんだなあ~って痛感しましたw

 

お金を稼ぐことは大切かもしれないけど、1~2万円得をするために身体ボロボロにすると、結局治療費とかで同じくらいの金額をロストするから、余裕をもって働ける時間帯が設定できるかイメージしておこうね!

 

履歴書の写真を撮っておく

 

バイトの面接をするためには「履歴書」っていう書類を書かなければならないのね。

 

そんな知っとるわ!

 

ってのも分かるんだけど、ちょっと待ってね。

 

履歴書の文字は丁寧に書いてる?写真は髪型とかちょっと映る服装とか気を配った?

 

バイトの面接なんて、下手したら1分ないところもある。

 

面接よろしくお願いします!

 

 

あーはい、採用

 

 

なんてパターンもけっこうある。

 

それは適当に選ばれているからっていうよりも、店が忙しかったり、採用が正しかったかどうかは働きぶりで判断するって経営者が多かったりって理由なんだけど、

 

履歴書は永久にバイト先に保管される

 

のよ。

 

それに、あなたは初めて会った人間のことをちょっと会話しただけで

・どんな人柄なのか

・仕事はできるのか

とか色々な情報をゲットできる?

 

俺はできないよ。たぶん経営者側もできない。つまり、面接自体はそこまで重要視される事項じゃない。

 

だから、後でゆっくり履歴書には目を通すのよ。せめてこれまでの経歴を知っておくために。

 

その文字が適当で汚かったり、写真が髪型もバサバサで髭も生えてて、しかもよれよれのスウェットまで映ってて・・・ってなると、

 

もしかしたら、履歴書を適当に作ると採用後に「この人採用したのミスったかな・・・」と経営者に思わせてしまうかもしれない。

 

別にスーツを着てポマード付けて・・・ってわけじゃないけど、最低限の身だしなみは整えてから写真は撮ろう。そして、文字はできるだけ丁寧に。字形が自信なくても、丁寧に書いた字ってのは見る側からしたら分かるもんよ。(その辺は俺は仕事にしているので信憑性には自信あり)

 

 

 

バイト先に採用希望の電話をしよう

 

応募先が決まって履歴書も用意できたら、いよいよ電話だ!

 

面と向き合って「はじめまして」なら目の動きとかで印象は変わるもんだけど、電話だと声が全て。

 

挨拶は絶対

 

電話に限らずだけど、挨拶を軽く見ている人は第一印象は最悪になることが多いよね。

 

例えば電話で

 

すいません、バイトしたいんですけど。

 

 

なんていきなり言われても、「挨拶できないなら仕事に支障でるから遠慮しておきます」とか言われて門前払いされても仕方ない。

 

あまり固くなる必要はないけど、挨拶から入ろう。

 

こんにちは、アルバイトの求人を見て応募させていただきたくてお電話いたしました。

 

 

くらいの入りかな~。

 

ちなみに、俺がやってきたバイトの中で最も電話対応について厳しく指導された業種は・・・

 

コンビニです。

 

コンビニは高校生からでもバイトを雇っているから「楽な仕事」って思われがちなんだけど、実際は仕事内容が多種類すぎて決して楽な仕事じゃないのよ。それに接客業だから電話対応も研修受けるし。

 

メモと予定帳を用意しながら聞こう

 

社会人は電話するときには必ずメモをセットで行っています。

 

っていうも、同じ内容を何度も電話相手に聞くことは失礼に当たるから。

 

例えばバイト応募の電話をしてみて、

 

じゃあ○日の△時に面談ではいかがですか。

 

 

 

ってなったときに、すぐに確認できなかったら後でかけ直す?

 

そんなことしたら「なんで応募してきたのに面談の日時決まらないの・・・」って経営者側は微妙な感想をもってしまう危険性が出てくる。

 

予定をすぐに見れるようにしておいて、即答しましょう。

 

そして、間違いなくメモしましょう。

 

不安だったら、

 

もう一度確認させていただいでもよろしいでしょうか。面談は○日△時でよろしいでしょうか。

と確認しましょう。

 

仕事ができる人ってのは

 

・一発で決める

・会話のテンポが良い

・一発で決めるのに確認はしっかりする

 

って相場が決まってます。

 

たぶんバイト応募の電話って緊張すると思うし、噛んじゃうこととかもあると思うのよ。

 

でも準備をしてから臨めば多少はマシになるし、会話のテンポを感じれば、応募者がしっかり用意してきたかどうかなんてのは電話越しでも伝わるもんだと思うよ。

 

面談をして採用されたら

 

おめでとう!バイトデビューだ!

 

 

 

働きはじめたら・・・

 

働き始めても気は抜けない。

 

むしろ、これからがスタートだ。

 

仕事を覚えて、人間関係を築いて、信頼を勝ち取って・・・

 

やることはたくさんある。

 

でも安心して!誰でもみんな初心者だし、ポイントを書いていくから、慣れるまで頑張ってみて!

 

仕事を1日でも早く覚えるポイント

 

さあ、バイトが始まる。緊張はするだろうね。

 

バイト先の先輩って優しいかな?怖いかな?

お客さんはどんな人が来るんだろう?

仕事でとんでもない失敗とかしないかな?

 

バイトはれっきとした「仕事」なので、特に学生さんはこれまで受けてきた扱いとは全然違うことについていけないこともあるでしょう。

 

でもそんな不安や待遇を堪えて、とりあえず1ヶ月くらい頑張ってみれば基本的な仕事は覚えられると思う。そのためには、とある工夫が必要。それは・・・

 

周りの人の動きをよく観察すること。
分からないことがあったら放置せずに必ず聞くこと。

 

大切。

 

特に下の項目はとても大切で、もしかしたら先輩たちは

 

聞かれないからこの人は分かっているのかもしれない。

 

と、変に勘ぐってしまう場合があるのよ。そうなると、実際は分からなかったってときに

 

分からないならもっと早く聞いてよ・・・。

 

 

となってしまうわけ。

 

もちろん、バイトに入りたてで質問しづらい気持ちは分かる。でも、結局は仕事を早く覚えた方が自分もバイト先も楽になる。だからガンガン質問しよう!

 

 

人間関係を築く方法

 

最初は誰だってバイトリーダーとか先輩とかにひたすら教えてもらうわけですよ。

 

バイトの経験が長くなって知識も増えたら、もしかしたら自分が今度は教える側になるかもしれない。

 

ただ、「分からなかったら何度でも教える」という思いはあるものの、「この人、覚える気あるのかな・・・」と思ってしまう人には、教えても不毛な感じがしてしまうのも分かるよね。

 

そしてその不毛感、失望感は信頼の失墜に繋がっていき、人間関係をギスギスさせてしまう要因になってしまうこともあるの。だからそれを防ぐために

 

教わったことは全て記録すること。

 

これをまずは徹底しよう。だから初めてのバイトに向かう前に絶対にメモ帳とペンは用意しよう。

 

ポケットなんてどこの業種の制服にもあるから入れておいて、教えてもらったことはメモをとっていこう。

 

教えてもらったことを1回で覚えるぞ!

 

 

という姿勢を見せるってイメージかな。なんでそんな表現をするかというと、「1回教えただけでできるようになるなんて思ってない」から。

 

でも

 

ああ、今回の新人さんは仕事を覚えようと熱心だな。

 

 

って印象付けができれば(言葉悪いけど)、周りの人は新人としての高評価をくれ、質問をしても親切に答えてくれたり失敗をしても快くカバーしてくれるようになるよ。

 

もちろん、

 

新しくバイトに入った○○です。よろしくお願いします。

という挨拶は必須。どこの業界だろうが何歳だろうが、挨拶は必須です。

 

信頼を獲得する方法

 

俺は多くの人に教える仕事をしているけど、本当に信頼ってのは獲得するまでに時間がかかるなって思うよ。

 

バイトについても同じで、1ヶ月やそこらまじめに働いたくらいで信頼を獲得できるなんて甘い考えはもたない方がいい。自分のためにね。

 

じゃあ、信頼を獲得するまでの間は何を気をつければいいのさ!

 

って話なんだけど、これはとてもシンプルだと思う。

 

ミスをしたら謝ること。

 

これ。初めからできないのはちょっとまずいけど、バイトを1ヶ月~2ヶ月続けてきて、慣れてきたあたりで出来なくなる人もけっこういるのがこれ。

 

例えば、ミスをしたとする。それに対して上司や先輩が

 

こういうときは~するといいよ。

と教えてくれたとする。それに対しての返事が

 

あ~そうなんですか。

で終わるやりとりがけっこうある。仲良くなったと勘違いしているのか、友達のような感覚なのか・・・。

 

これ、けっこうまずいです。バイト先は給料が発生する「職場」なので、バイト先の仲間は「友達」ではなく「同僚」です。

 

こういうやりとりを繰り返していくと、気付かないうちに信頼が落ちていって、気付いたときには冷たい目で見られたり疎外感を感じたり・・・となってしまう。

 

わかりました。すいませんでした。

 

くらいのことは言いましょう。謙虚に、謙虚に。嫌味ったらしくないけれども謙虚に。バランスは難しいけれど、ミスったら一言謝るのは礼儀だよね。

 

これら3つことを注意して働いていれば、余程のことがない限り困ることはないはず。

 

逆にこれら3つのことを注意して、振り返ってみても自分はちゃんとできてる!って自信をもてる場合は、職場の環境が運が悪かったのかもしれない。

 

そうなったらバイト先の変更を考えてみるのも一つの手。バイトは職場を自分の意思で変更できることがメリット。精神的に病む前に変えちゃおうね。

 

初心者にオススメのバイト業種ランキング

 

じゃあ最後に、色々なバイトを経験した俺がオススメする業種をランキング形式で発表するよ!

 

第5位 引っ越し業者

 

 

引っ越し業者はちょっと男性向けが強いけど、なにせ日給が1万円を越えるのがでかい。仕事もシンプルな方だし、あれこれ覚えることは少ない。

 

けど、まあ当然体力勝負だし、超肉体労働な部分が人を選ぶかな。

 

高校とか大学の柔道部とかラグビー部とかの部活が筋トレの一環として参加することもあるらしいね。

 

メリット:シンプルで覚えることは少ない。日給が高い。筋トレになる。
デメリット:超肉体労働。体力に自信ないとしんどいかも・・・。

 

第4位 塾講師(家庭教師も含む)

 

出展:https://joboole.jp/archives/jukukoushi-baito-kyujin

 

塾講師や家庭教師は生徒さんに勉強を教えるのが仕事。

 

上述したけど、求人に書いてある金額をストレートに受け止めないようにねw

 

ただ、やっぱり人に教える仕事なだけあって時間あたりの単価は高め。

 

夏期講習だけで10万円以上稼ぐ人も多いよ。

 

後は、この業種はキャリアアップする機会が多くて、時給が上がりやすいのもポイントかな。研修みたいなのを受けるだけで時給が20円くらい上がるパターンも見たことあるよ。

 

塾講師の場合はスーツ着用の場合がほとんど。後は、これは本当に良くないんだけど、給料が発生しない時間帯にも「授業準備」として仕事をしなくてはいけないところもある。ここに当たったらすぐに違うところにバイト変えしても良いレベル。

 

家庭教師は服装までは細かく言われないけど、正確な時間に毎回家に着かなきゃいけないから、時間的な制約は塾講師よりも強いね。

 

そして、どちらの業種にも言えるのは、受験関係の生徒さんを受け持つことが多いから責任が重いということ。ただ、自分が得意な教科を基本的には担当できるから、強みを生かすことはできるよ。受験に落ちてもちゃんとしたところなら上司が守ってくれるから、安心して授業しよう。

 

メリット:時間あたりの単価が高い。屋内の快適な環境で仕事ができる。自分の得意教科で勝負できる。生徒さんと接するのはけっこう楽しい。キャリアアップのタイミングが多い。夏期講習、冬期講習、春期講習と年に3回大きく稼ぐチャンスがある
デメリット:服装の制約(塾講師)、移動時間の制約(家庭教師)がある。給料が発生しない労働を余儀なくされる場合がある。(この場合はバイト先変更推奨)受験の合否に関わる怖さ。求人の金額がイメージと違う場合がある。

 

第3位 パチンコ屋

 

https://townwork.net/magazine/job/leisure/pachinko/7319/

 

ギャンブルをやるかやらないか、って話じゃなくて、バイトとしての話ね。

 

とにかく時給が超高い。なかなかパチ屋の時給を越えるバイト先は見つからないと思う。それに仕事内容はシンプルだし、自分にパチンコの知識がなくても仕事はできるから大丈夫。

 

逆にデメリットとしては、ストレートに書いちゃうと客層・・・かな。

 

ギャンブルに負けて不機嫌な客に八つ当たりされることもあるし、玉とかコインとかを処理するときはお金が賭かってるからめっちゃ緊張するね。

 

メリット:時給が超高い。仕事内容は比較的シンプル。
デメリット:客に八つ当たりされることもある。お金をひたすら扱う業種なので緊張する。

 

第2位 スポーツ(ジム)トレーナー

 

出典:https://jp.stanby.com/contents/article/916

 

テニスとかバスケとかのスポーツだったり、ジムのトレーナーだったり。

 

健康志向が世間で進んでるから需要はめちゃくちゃあるよね。

 

例えば自分が部活とかで磨いた球技の腕や戦術なんかを、そのまま仕事として活かして給料をもらえるので、やっていて超楽しいし、充実感がある。

 

この業種を候補として選ぶ人は、何かしらのスポーツ経験者が多いだろうからスキル的には問題ないことが多いし、仕事に熱心にもなりやすい。

 

ただデメリットは、時給が安い・・・。

 

働きやすさを重視するなら最適な候補になりえる業種だね。

 

メリット:自分の好きなことを活かせるから楽しい!
デメリット:時給が安い。

 

第1位 コンビニ

 

出典:http://shitsumonaru.com/2015/0620/235715

 

ザ・アルバイト。定番中の定番。でも、定番と言われるからにはそれなりの理由がある。

 

まずは時給と労働量のバランス。そこまでしんどいわけじゃないけど、それなりの時給がある。身体と時間が許すなら夜勤に入れば時給は1000円の大台にも乗る。

 

24時間営業のコンビニが多いので、自分のライフスタイルに合ったシフトを選びやすいのも大きなポイントだね。

 

デメリットとしては、仕事の多様性って感じかな。とにかく色々なことをやる。

 

レジはもちろん、郵便、新聞、発注、品出し、清掃、調理・・・などなど。

 

だから仕事を全て覚えるにはけっこうな時間がかかるよ。けど、それだけに研修期間や研修内容も充実しているから仕事を続けやすい業種だと思う。

 

「仕事を続ける」っていうのはバイトにとって大きな要素だから、それを評価して1位にしてみたよ!

 

メリット:労働量と時給のバランスが良い。24時間の中でシフトを選びやすい。研修が充実している。
デメリット:仕事が多種多様で覚えることが多い。

 

 

 

バイトは生活を豊かにする!ぜひ挑戦してみよう!

 

バイトについての記事を書いてみたわけなんだけど、まああーだこーだ言う前に挑戦してみよう!

 

仕事だから給料は発生し、給料が発生するからには仕事の内容が求められる。

 

けど最初はみんな初心者だし、経営者側もそんなことは重々承知しているよ。

 

バイトしてみて初めての給料って、嬉しいものだよ。それで何を買おうか、何をしようかって考えるのってとても幸せな時間だよ。

 

ぜひみんなにも楽しく充実したバイトをして、生活を豊かにしてほしいな!

 

なにはともあれ、とにかく挑戦!勇気を出して電話してみよう!挨拶さえちゃんとすれば大丈夫だから!

 

では、また~。

 

 

ABOUT ME
フクロウ
フクロウ
公立学校で教員をしています。 毎年担任をしていますが、持ち帰り仕事や休日出勤はゼロです! 試行錯誤しながら考えた仕事術なんかを書けたらと思います。 他にも、学生や保護者向けの記事、趣味全開の記事など書きます。 物書き楽しい!!