プログラミングコラム

小学生がプログラミングを習うのは意味ない!?専門家が効果を解説します。

お母さん
最近プログラミングを習っている小学生が増えたり、小学校の授業でもプログラミングが始まったりしているけれど、本当に意味あるの?

 

と疑問に思う保護者さんは多いのではないでしょうか?

 

本記事の内容

・小学生がプログラミングを習う効果

・なぜ小学生がプログラミングを習う必要があるのか

 

本記事の信頼性

 

本記事を書いている私は、教育系の資格を複数もち、小学生にプログラミングを教えています。受験や教育現場の最新の情報も入手できる立場です。

 

今回は、小学生がプログラミングを学ぶ必要性と、そのメリットをお話していきます。

 

本記事は、プログラミングを小学生が学ぶことに「本当に必要なのか」と疑問を感じている保護者さんのお役に立てる記事です。

 

それでは本文に入りましょう。

 

小学校でプログラミングが必修になった意味はプログラミングの”考え方”を身に付けるため

 

いわゆる難しいコードを書くプログラミングの技術を身に付けるためにプログラミングが必修化したわけではありません。

 

プログラミングって、何か目標があってそこに向かって思考し手を動かして作品を作っていきますよね。

例えばゲームを作りたかったら、そこからシナリオを考えたりキャラクターをデザインしたりして、最終的に1つにまとめると。

 

小学生に行わせたいプログラミングは、その「目標に向かって思考錯誤する」という過程を体験させることがねらいです。

最近では小学生がプログラミングしたロボットのコンテストなどもありますが、義務教育で行いたい授業としてのプログラミングはちょっと違ったものになります。

 

ちょっと具体例を出します。

実は私たちは日頃からこのプログラミングっぽい考え方(プログラミング的思考とか言ったりします)をしています。

それは・・・料理。

例えばカレーを作りたいとしましょう。そうするとこんな感じの考えになると思います。

 

 

夢や目標など、何かを達成したいというときに順序立てて作戦を考え、行動することは大切です。その結果から反省をしてさらに上を目指すというサイクルを小学生に感じさせたいのです。

 

 

小学生のうちからプログラミングを学んでおくと大学受験に役立つ

 

プログラミングの授業が始まった経緯をお話しましたが、ここ1〜2年で一気にプログラミングの授業のクオリティを上げようと努力する学校が増えました。

 

お母さん
いや、プログラミングやるより国語とか算数とかをもっとしっかりやって欲しいんだけど・・・

 

というお考えもわかります。

しかし、実はプログラミングが大学受験の科目になることがすでに決定しており、小学生のうちからプログラミングを学んでおくことは数年後の大学受験に役立つことがわかっています。

 

 

2024年の大学受験の中で「情報」が一体どんな問題になるのかはまだ分かりませんが、高校で初めてプログラミングに触れた子と小学生からずっと慣れ親しんできた子では理解度の格差が出ます。

 

子供
高校生になったけど、初めてプログラミングの授業を受けるしテストもあるし・・・

 

とならないように小学生から学んでいるわけです。

 

また、よく小学生がプログラミングを学ぶというと、国語や算数といった教科と違って遊びのように受け取られることがあります。

 

私も小学生に教えている立場ですが、まあそのイメージは当たらずも遠からず・・・という感じです。

というのも、小学生にプログラミングを教えるときにはPCに向かってキーボードを叩かせるだけでなく、LEGOなどのおもちゃを使って教えることも多いのです。

そういう姿を見るだけだと確かに遊んでいるだけのように見えるかもしれません。

 

しかし、今小学生の子が高校生になる頃には間違いなく今よりもプログラミングの授業は整備されて本格化しているはずです。

2024年度から大学受験の科目として情報が新設され、さらにそれを見据えて小学生からプログラミングの授業が始まっていることを知っている方はあまりいません。

 

このことを知っているというだけで教育関連のニュースや情報にアンテナを張っていると言えるでしょう。

そこまで真剣にお子さんの将来を考えているのなら、プログラミングの学びは今の小学生にとってとても大切なものであると理解していただけると思います。

 

まとめ:小学生がプログラミングを学ぶ意味は2つ

 

冒頭でも述べましたが、本記事を読んでくださっている方はプログラミングを小学生が学ぶことの必要性に疑問を感じていると思います。

小学生から考えると高校生になり大学受験を受ける将来は遠くてイメージしにくいかもしれませんが、間違いなく来る未来です。

そして、小学生に今から

ロア
大学受験に備えてプログラミングを学んでおこうね

 

と言ってもポカーンでしょう。

だから学校現場ではプロの先生が教えてくれますし、家庭ではおもちゃやアプリを使ってプログラミングの考え方に触れていくことが大切なのです。

 

ポイント

・プログラミングをするときの考え方を身に付けるため

・将来の大学受験のため

 

小学生のお子さんがいるのであれば、学校でどんなプログラミングの授業をしているのか聞いてみるのがおすすめです。

まだまだ始まったばかりの学びなので、とにかく楽しみながらプログラミングに触れてもらえればと思います。

 

関連記事
子供向けプログラミング教室3選

続きを見る

 

-プログラミングコラム

© 2022 コード:チャイルド