ライフスタイル

電子書籍フィーバー!圧倒的な冊数の「まんが王国」を使って、スマホやタブレットで漫画を読もう!

スポンサーリンク

 

どうも、フクロウです。

 

今回は今までにあまり書いてこなかったけれど、実はめっちゃ好きで「いつか書きたい!」と思っていた内容について書いてみます。

 

その内容は、漫画。

 

最近だと、第1話からずっと読んで追いかけてきた「銀魂」が終了してちょっと寂しい気がしていますが、漫画もいつか終わるもの。銀さんや万事屋たちの物語が落ち着いて、「空知先生お疲れ様でした」って思いです。

 

単行本はまだ最終巻まで発刊されていませんが、当然のように僕は銀魂を最終巻まで買い続けます。

そして、切り刻みます。

 

あ、スプラッタ的な話じゃないですよ?

「自炊」というテクニックなんですが、本を裁断してデータ化してタブレットなどで読む方法があるんです。それは今度書こうと思います。裁断機やスキャナーは必要になるけれど、家に散乱してあるような漫画は全て片付きます!

 

今回のメインの話は自炊ではないんです。自炊は初期費用もかかるし、そもそも手間っちゃ手間です。僕は銀魂の単行本とNARUTOの単行本を持っている冊数全てデータにしましたが、大体3時間くらいかかりました・・・。

 

じゃあ、自炊しないとスマホとかタブレットで漫画は読めないの?

いえいえ、そんなことはありません。紙媒体の単行本はこれからも発刊され続けますが、時代のニーズは明らかに電子書籍に動いています。

Amazonの「Kindle」をはじめとして、各社で電子書籍を読める環境を急ピッチで構築し、どこが電子書籍の最大手となるか、企業間で競争が起きている状態です。どの業界にも言えることですが、こういう新しい取り組みに対して業界全体でモチベーションが上がっていることは良い状態ですよね。

 

今回は、そんな電子書籍について書いてみます。そして、銀魂やNARUTOなど、超有名漫画を自炊することなくスマホやタブレットで読む方法は、あるんです。

 

これからは、スマホやタブレットなど持ち運べる端末のことを、まとめて「モバイル端末」と書きますね。

 

※もしも”自炊したい!”という方がいらっしゃったら、こちらをお読みください。

 

 

 

 

電子書籍のメリット

 

では、そもそもなんで単行本より電子書籍が流行ってるの?っていう話ですね。

 

答えは超シンプル。スマホとタブレットの普及です。今や小学生ですらスマホを持っている時代で、電話やメール、LINEだけをスマホで行う時代は過ぎ去りました。

 

イラスト作成、動画作成、マクロ的に作業を行ってくれる系、記録、保存、などなど・・・とにかく「これまでPCや紙媒体でしか出来なかったこと」が、どんどんタブレット端末で処理できるようになってきています。

 

実際、僕は仕事のほとんどをiPadで行っていますし、実家にあった大量の漫画本を自炊してiPadで読んでいます。iPadについてはこちらの記事でも書いているので、良かったらご覧下さい。

 

【iPad流仕事術】仕事効率が上がるiPadの使い方!【本記事のターゲット】 ・自分の仕事効率をさらに高めたい人 ・iPadを仕事術に組み込みたい人 ・仕事で扱う紙が多くて、管理に...

 

モバイル端末で漫画を読むことと、紙媒体で漫画を読むことの圧倒的な差は、その手軽さです。

 

例えばなんですが、僕が持っている漫画の例を挙げてみると・・・

 

○銀魂 約70冊

○NARUTO 約70冊

○サムライディーパーKYO 約40冊

○マテリアル・マズル 約20冊

・・・

 

ああもうやめます。書いてもキリがないw

 

さて、もう結果から言ってしまうと、これら全ての漫画を僕はiPadに入れて出かけています。電車の待ち時間、病院の待ち時間、ちょっと空いた隙間時間、仕事の休み時間などなど、とにかくいつでも手軽に漫画を読むことができます。

 

では、電子書籍を利用せずに紙媒体で漫画を読もうと思ったら?

 

リュックにパンパンに詰め込んでもせいぜい5~6冊が限度でしょう。しかも重いし、かさばりますよね。

 

データに物理的な重量はありません。とにかくモバイル端末を持っていれば大量の漫画を読むことができる手軽さが、電子書籍の優れているところです。

 

 

 

スポンサーリンク

電子書籍のデメリット

 

モバイル端末だけで大量の漫画が読めるなんて、デメリットないじゃん!!

 

と思われがちなんですが、まだまだ紙媒体の方が優れている部分があります。

 

それは、「漫画の種類の数」と、「漫画の単価」です。

 

電子書籍はかなり整備されてきたとはいえ、これまで大量に発刊されてきた漫画本をカバーするだけの冊数はまだ用意されていません。

 

銀魂やNARUTOなどの超大手は真っ先に電子書籍化されましたが、それは電子書籍を売る企業側からしたら当然の判断ですよね。認知度が高いほど売れる率は上がるわけですし。

 

でも、「有名じゃないけど好きな漫画」って・・・ないですか?

 

僕だったら、上で挙げた「マテリアル・パズル」という漫画がそうです。

 

「月刊少年ガンガン」という雑誌で掲載されていたのですが、あまり人気がなかったのか、途中で休載という名目の打ち切りのような扱いを受けてしまった漫画です。当時のガンガンは「鋼の錬金術師」でもちきりでしたからね・・・。

 

マテリアル・パズルも、とうとう電子書籍化されました。2018年の1月に。本当にごくごく最近です。つまり、まだまだ電子書籍化されていない漫画は世の中に山ほどあるのです。むしろ、電子書籍化された漫画なんてまだごく一部という感覚の方が正しいと思います。

 

だから、モバイル端末で「読みたくても読めない」漫画がまだ多数あることは事実で、そればかりはこれまでの歴史がある紙媒体にはまだ敵わないのです。

 

 

 

漫画を読めるアプリはたくさんあるけど、それじゃ有名漫画は読めないの?

 

「comico」などの、、無料漫画アプリはたくさんあります。

 

comico 人気オリジナル漫画が毎日更新 コミコ
comico 人気オリジナル漫画が毎日更新 コミコ
無料
posted withアプリーチ

もちろんおもしろい漫画はたくさんありますが、その99%はオリジナル作品です。

 

つまり、マテリアル・パズルのような知名度が低い漫画はもちろん、銀魂やNARUTOなどの超大手漫画ですら、これらのアプリで読むことはできません。

 

まあそりゃそうだよね・・・という話ですが、単行本が1冊約400円で売られている漫画が無料で読み切れるわけないですよね・・・w

 

これらの無料漫画アプリに掲載されている漫画は、「漫画家として成長していくために頑張っている」という、修業中の方が描いてくれた漫画が多いようです。(筆者さんの意見をまとめると)

 

その証拠に、各種無料漫画アプリの中からどんどん単行本化やアニメ化などがされていってます。無料アプリの中から商業に発展していく架け橋となっていくわけですね!

 

無料アプリから商業に発展した有名な作品といえば、「ReLIFE」ですかね。単行本化、アニメ化両方された作品です!超面白いですよこれ・・。

 

ただ、何度も書くことになっちゃいますが、あくまで無料アプリで読めるのはオリジナル作品であって、週刊誌や月刊誌に掲載されていて単行本化されている漫画は基本的に読むことはできないので注意してください。

 

 

 

「まんが王国」なら、有名漫画もたくさん読める!

 

自炊はめんどくさい・・・、けど無料アプリじゃ有名漫画は読めない・・・。

 

そのジレンマを解決できるインターネット漫画サービスがあります。それが、


これ、「まんが王国」です。

 

まんが王国は、残念ながら無料アプリではありません。でもそれは上述した通り当然のことです。商売として販売されている単行本を無料で読めるなんておいしい話はないです。それが実現してしまったら漫画家さんや雑誌を発刊している会社などは給料が入らなくなってしまいますからね・・・。

 

まんが王国の強みは、なんといっても電子書籍とは思えない冊数!

 

 

その数、なんと2500。

 

ではないです。これ、「無料で読める漫画が」2500”作品”以上です。

 

さらに、日替わりで無料の漫画が変わったり、「0円作品」という、そもそも0円という価格設定をしている漫画もたくさんあります。

 

もちろん有名漫画は基本的に有料側の漫画として設定されています。例えば・・・。

 

 

銀魂はあります。

 

カラー版もあるんですね・・・。カラー印刷はコスト的に価格が高くなってしまう単行本と違い、データだから気楽にカラー版を読めるのも、電子書籍のメリットですね、

 

もちろん1巻しか読めないのではなく、モノクロかカラーか選んだ後に全ての巻が用意されています。

 

では、気になるマテリアル・パズルはというと・・・。

 

 

あった!しかもスピンオフのゼロクイツまで!

 

もうこの瞬間、まんが王国の冊数の多さに脱帽でした。マテリアル・パズルは中古漫画ショップとかに行ってもなかなか見つからないくらい知名度が低いんです。好きな人は好きなマニア向けな漫画になってしまっています。僕は超好きですけどね。僕は超超好きですけどね。

 

そのマテリアル・パズルがスピンオフまで含めて用意されている時点で、まんが王国を使って読みたい漫画が見つからないなんてことが頻発することはないでしょう。

 

電子書籍のデメリットの1つ、「種類の不足」は解消されています。

 

では、価格面はどうでしょうか。

 

漫画を読むだけなのに高いお金は払いたくない・・・。そりゃそうですよね。毎日漫画を読んでる僕でもそんなにお金は払いたくないですw

 

まんが王国は2つの料金体系が用意されています。

 

 

月額制として毎月決まったポイントをもらう方式と、欲しいときにポイントをその都度購入する方式ですね。

 

月額制でもらったポイントを使い切ったら、その後はその都度ポイントを購入していく~っていく流れになっています。

 

じゃあ月額制なんて安い方がいいじゃん!っていうのは正しいんですが、ちょっと待ってください。

 

まんが王国の月額料金はおもしろいんですよ。

 

 

まず1番上の「月額まんが300」コースを見てください。月300円で300ポイントもらえます。まんが王国では1話が30ポイントから~となっているので、300ポイントでは大体10話読むことができます。

 

10話というと単行本1冊くらいですよね。ここ、要チェックポイントですね。

 

単行本は新刊を買ったら約420円。
まんが王国は新刊を読んでも300円。

 

じゃあ次に、「月額まんが2000」コースを見てください。

 

すると、付与されるポイントは2300ポイントとなっています。300ポイント分オマケしてくれているのが分かります。

 

そう、月額料金が上がるにつれてオマケポイントがどんどん増えていく仕組みになっているのです!

 

「月額まんが5000」コースくらいになるとオマケポイントが900ポイント。30話分くらいをオマケで読むことができるってことですね。

 

ここまで見てくださった方は分かってもらえたと思うんですが、単行本を買って読むよりもまんが王国は遥かに安い価格設定で漫画を読むことができます。

 

これで、電子書籍のデメリットだった「価格面の高さ」もクリアですね!オマケポイントや価格設定を工夫したまんが王国には頭が下がります・・・。

 

あと、これはまんが王国の工夫として1番おもしろいと思うところなんですが、「試し読み」という機能があります。

 

正直、掲載種類数や価格だけなら他サイトでも似たようなところはあるのですが、この試し読み機能はまんが王国ならではの工夫ですね。

 

試し読みとはいえ2000冊以上の漫画が用意されているのでとんでもない量ですが、ポイントを気にせず気軽に読むことができるのは良いですよね!

 

 

 

「まんが王国」は、電子書籍のデメリットを解消したインターネット漫画サービスです!

 

漫画を手軽に読めるとちょっと空いた時間や暇つぶし、休憩、リフレッシュなど多くの場面で助かります。

 

しかし、自分が読みたい漫画を都合よく読むためには電子書籍にはまだデメリット(というか課題)もあるのが現状。

 

ただ、まんが王国はそのデメリットを解決しようと上述したような工夫をしてくれています。

 

モバイル端末を使って漫画を読むなら最適なんじゃないでしょうかね。もちろんPCでも読めますよ!

 

では、また~。

 

ABOUT ME
フクロウ
フクロウ
公立学校で教員をしています。 毎年担任をしていますが、持ち帰り仕事や休日出勤はゼロです! 試行錯誤しながら考えた仕事術なんかを書けたらと思います。 他にも、学生や保護者向けの記事、趣味全開の記事など書きます。 物書き楽しい!!
こちらの記事もおすすめ!