仕事術

仕事を効率化するために最適な時間帯は朝!残業時間を平均3時間減らした超簡単な方法をご紹介!

 

どうも、フクロウ(twitterはこちら!)です。

 

フクロウ
フクロウ
定時退勤したいけれど、仕事が溜まってなかなか帰れないよ・・・

 

と悩む方は多いですよね。僕もそうでした。定時の17時どころか20時30分を超えてから自分の仕事がスタート・・・みたいな毎日でした。ちなみに、僕が仕事を始めて1年目と5年目の残業時間の変化はこんな感じ。

 

○1年目 ⇒ 月間残業時間は大体100時間。1日あたり4~5時間。
○5年目 ⇒ 月間残業時間は大体20時間。  1日あたり1~2時間。

 

僕が”残業時間”として勘定されているのは、勤務時間ではなく勤務時間の時間外勤務・・・つまり朝に働いている時間です。

 

以前、iPadを使った仕事術について記事を書いてみました。

 

>>仕事効率が上がるiPadの使い方 ~iPad+ApplePencil=最強~

 

この記事では道具面で仕事効率化を図ったわけですが、今回は時間的な意味で効率化を図ってみます。

 

結論を書くと、最も仕事効率が上がる時間帯は

 

 

です。朝の時間を効率的に使えれば、定時退勤率は見違える程上昇します。

 

しかし、それは様々な書籍などで言われていること。

 

フクロウ
フクロウ
それは分かるんだけど、実際は忙しすぎて仕事がひっちゃかめっちゃかになっちゃうんだよ・・・。どうすれば朝に効率の良い仕事ができるの?

 

という悩みも同時に浮かんでくることと思います。

 

そこで、現在スーパーブラックとされ、勤務時間が国単位の問題となっている教師として働きながらも定時退勤を達成している僕の視点で、朝の時間の使い方を書いていきます。

 

この記事を読んでもらえれば、

 

・仕事効率化には、なぜ朝が重要なのか。
・実際に朝の時間帯を効率的に使うにはどうすれば良いのか。

 

が分かります。3分くらいで読み終わるので、ぜひ最後までお読みください!

 

 

 

仕事効率化には、なぜ朝が重要なのか。

 

「朝型」と「夜型」という言葉を聞いたことはあると思います。僕は基本的に夜型です。金曜日の夜なんかは

 

フクロウ
フクロウ
華金だぜ~~!!朝までスプラトゥーンしよう!

 

みたいなことをして土日を潰し、月曜日にも十分な睡眠を取れずに仕事に臨むことが多いです。そこで生じる疑問は、

 

フクロウ
フクロウ
だったら、夜型の人は遅い時間に仕事をした方が効率が良いんじゃないの?

 

というものですね。しかし、そんな生活をしている僕ですが、仕事は圧倒的に朝の方が効率が良いです。

 

朝は脳科学的にも仕事効率化に良い時間帯

 

僕はバリバリの理系なのでデータ信者なのですが、脳科学では以下のようなデータが出ています。

 

起床後2~3時間後が最も集中力が高い

 

というもの。

 

起床後すぐではなく、大体2時間後にピークがくるっていうのがミソですね。つまり、朝起きた瞬間から仕事をした方が良いわけではありません。通勤時間や職場の環境によって起床時間を調整することが可能なわけです。

 

なんとなく頭は覚めてきた気はするけど、午後ほど倦怠感もなく不思議とスッキリしている感覚がある時間帯です。この時間帯は仕事効率化のゴールデンタイムです。

 

朝は始業時間前なので同僚も少なく、仕事効率化に向いている

 

僕は定時退勤はしていますが、始業時間きっかりに出勤しているわけではありません。始業時間ギリギリに職場に到着するのは一見勤務時間を遵守しているように見えますが、実際は落ち着いて始業を迎えることができないので効率は落ちます。

 

始業時間の20分前には職場に到着していたいですね。そして、早めに出勤すれば同僚は少ないはずです。そして稼いだ20分間でバリバリと仕事をこなすのです。

 

”同僚が少ない”ことを良しと捉えるのはどうかと思う方もいるかもしれませんが、せっかく朝早くに出勤したのにコーヒー飲みながら世間話で終わらせてしまうのでは、言葉はキツいですが時間の浪費です。

 

僕はバリバリ朝から働きます。むしろ、ゴールデンタイムである朝こそ夕方以上に働きます。周りの人は言います。

 

先生
先生
フクロウ先生は朝から仕事熱心ですね。(コーヒーを片手に)

 

人間関係も仕事には大切なので、もちろん応対はします。けれど手は止めないし話し込むことはありません。そういう同僚は、夜中まで仕事の多さを愚痴りながら残っています。早く退勤する人の仕事内容を愚痴りながら残っています。そしてそういう人ほど、大した成果を出すことができず、愚痴りながら残業する生活から抜け出せません。

 

なぜか?

 

朝に仕事をしないからです。効率化を求めていないからです。

 

あなたは、どちらになりたいですか?

 

その答えが、これからの朝の使い方の道標です。

 

 

 

 

 

 

実際に朝の時間帯を効率的に使って仕事を進めるためにはどうすれば良いのか。

 

朝の時間帯が仕事効率化のゴールデンタイムであることは分かっていただけたと思います。ここからは、”実際にどんな仕事をすればより効率的になるか?”です。

 

単純作業は夕方に回す

 

例えば電卓を叩いたり、ゴム印を押しまくったり、何かを数えたり・・・。思考停止で行える仕事ってけっこうありますよね。いわゆる”作業系”の仕事です。そういった仕事は頭が冴えていなくてもできるので、後回しにしましょう。仕事に疲れた夕方にもそこまで効率が落ちることはありません。

 

朝にやると効率的な仕事は、頭を使う系の仕事

 

朝は集中力がMAXになっているので、そこでこなすべき仕事ははっきりしています。それは”頭を使う仕事”です。

 

具体的には・・・

 

○何かを作る、開発する
○計画をたてる
○先のことを見通す

 

といった仕事です。これらは頭をフル回転させないといつまで経っても終わらない”思考系”の仕事です。これらは責任が伴ったり1つ1つの仕事内容が重かったりと、大変な業務であることが多いです。ゴールデンタイムの集中力を存分に発揮して臨みたいですね。

 

ちなみに僕は教師ですが、朝と夕方に行う仕事は完全に差別化しています。他のお仕事をされている方はイメージしにくいかもしれませんが、一例として載せておきます!

 

朝に行う仕事 夕方に行う仕事
授業計画 アンケートなどの調査
学習指導案作成 生徒のノートチェック
クラスにどんな指導をするか計画 テストの採点
予定表の管理 出席簿の整理
成績処理、通知表作成
学級通信作成

 

けっこう考えてみたんですが、どうしても朝に行う仕事の方が多いです。

 

そして表にしてみて自分でも再認識しましたが、僕が残業時間を減らすことができたのは夕方に作業系の仕事を寄せ集めたからですね。頭が疲れていても高速で捌けるので効率化が図れるというわけです。

 

朝に効率的に仕事をするために、ToDoリストを作る

 

朝は一秒すら無駄にはできません。休憩や一休みには「脳を休める」という目的があります。しかし

 

フクロウ
フクロウ
朝出勤したのは良いけれど、何をしようかな~。

 

などと考えている時間は浪費です。

 

僕は夕方に退勤する際に、”次の日の朝に何をするか”を書いたメモを残して帰ります。いわゆる「ToDoリスト」ってやつですね。

 

ミドリ MIDORI / メモ 仕事リスト (11486006)

created by Rinker
¥216
(2019/05/24 11:44:35時点 楽天市場調べ-詳細)

 

僕はこれを使っています。メモ帳みたいなノート式のToDoリストも良いんです。書いて、終わったらチェックして・・・という物ですね。ただ、このToDoリストは1枚ずつ切り離せるので、終わったらチェックではなく丸めて捨てることができます。

 

この、”タスク(仕事)が終わったらゴミ箱にポイする”瞬間がたまらないんです(笑)

 

まあ白紙でもなんでも良いんで、仕事効率化にはとにかくToDoリストは必須です。

 

本気で集中したときには「次の仕事はなんだっけ?」と考えている余裕もなくなるので、とにかくリストに書いてある項目を上から順に潰していきます。

 

 

 

まとめ ~朝の時間を使って仕事効率化!~

 

「仕事のために生きる」

 

それも良いでしょう。かっこいい生き方だと思います。ただ僕は、仕事だけのためではなくプライベートも大切にしたいのです。欲張りだから(笑)

 

だからこそ、思考を司る脳が効率的に働ける時間を探し、朝に仕事の比重を大きくしたのです。

 

その結果夕方に帰る時間は早くなり、平日の夜にも趣味に興じたり友達と会ったりして楽しむことができています。

 

また、僕は子供と関わる仕事なので、僕自身が平日も楽しくなると仕事に対するモチベーションが上がり、結果的に子供に良い教育ができていると手応えを感じます。

 

みなさんも朝に仕事をやっつけて、平日の夜も楽しみましょう!

 

朝の時間はこう使え!仕事効率化術!

・起床後2~3時間後をねらう。
・単純作業は夕方に回す。
・思考系の仕事は朝に集中して取り組む。
・朝行う仕事のToDoリストを作る。

 

では、また~。

 

ABOUT ME
フクロウ
フクロウ
公立学校で教員をしています。 毎年担任をしていますが、持ち帰り仕事や休日出勤はゼロです! 試行錯誤しながら考えた仕事術なんかを書けたらと思います。 他にも、学生や保護者向けの記事、趣味全開の記事など書きます。 物書き楽しい!!