子育て

3つの最強暗記術をこっそり紹介!身近な「アレ」を使えば絶対に暗記できます。

スポンサーリンク

 

どうも、フクロウ(GIAN)です。

 

学生
学生
勉強していると覚えることが多すぎて全然覚えられない・・・。いろんな方法は試したみたけど、効果が感じられないよ・・・

 

という悩み相談を塾講師時代にたくさん受けました。

 

実際、いわゆる”ゆとり教育”から脱した現在は教科書の厚さがとんでもないことになっています。小学5年生なんて、昔と同じくらいの厚さの教科書を1年間で2冊学ばなければならないですからね・・・。

 

そんなときに特に困るのが、おそらく暗記。社会や理科、英単語など、覚えることは大量にありますよね。そして、それら暗記の量が定期テストや模試の結果にダイレクトに反映されます。

 

そこで今回は、僕が塾講師時代に生徒に教えていた”暗記術”を書いてみようと思います。身近な「アレ」を使う方法や、昔ながらの効果的な方法も紹介します。

 

僕の生徒は、公立高校や国立大学に合格した人が多いです。その理由は、これから紹介する暗記術で社会や理科の得点が伸び、それらを受験科目とする公立高校や国立大学の入試に有利だったためです。

 

流れとしては、

 

・絶対に暗記するためのポイント
・自然に暗記できる暗記術3つ

 

とします。

 

暗記術はどの学習においても効果的だし、幼い子供でも保護者さんが上手に使ってやれば効果は必ず出ます。

 

 

こういった通信教育と兼ね合わせて活用すると効果倍増です!間違いなく。

 

3分くらいで読み終わるし、「なんとなくしていた暗記方法」について、はっきり方針が見えると思うので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

絶対に暗記するためのポイント

 

脳に存在するニューロンとシナプスが~みたいな脳科学的な話は置いといて、とりあえず”暗記”とは、「物事を脳に叩き込むこと(=記憶)」と考えます。

 

そして、記憶とはいくつかの種類があります。

 

例えば、自転車の乗り方。おそらく子供の頃に自転車の乗り方を覚えると思います。そして高校生くらいまで自転車を使って移動したいた人が、車の購入をきっかけに自転車に乗らなくなったとします。

 

その人が約10年ぶりに自転車に乗ろうとしました。乗れるでしょうか?乗れないでしょうか?

 

おそらくほとんどの人は乗れます。これは、自転車の乗り方を幼少の頃から反復し、脳を含めた体全体に叩き込んだ経験があるためです。

 

では、テスト前の1週間にがむしゃらに反復して記憶した物事を、10年後に思い出せるでしょうか?

 

おそらく難しいです。例えば、高校を卒業した人は高校生時代に数学の「微分、積分」を学習しているはずですが、大人になってまだ解けるでしょうか?難しいという人が多いのではないでしょうか。

 

それと同じです。ずっと覚えている自転車の乗り方と、当時は頑張って覚えたはずなのに現在は忘れてしまっている数学の解法・・・何が違うかというと

 

反復の質と量

 

です。

 

「自転車の乗り方を覚えよう!」と気合い入れて覚えようとして覚えた人が、どれくらいいるでしょうか?恐らく、やっているうちに自然と覚えた人がほとんどだと思います。

 

学習の暗記においても同じ状態にすることを目標にしたいですね。

 

だから、「覚えよう!」として教科書や参考書をひたすら見るだけでなく、生活の中で”自然に”暗記できる環境をつくるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

自然に暗記できる暗記術

 

では、

 

学生
学生
自然に暗記ってどうすりゃいいの!?

 

という中身にいきます。以下の方法をすれば絶対に暗記できます。

 

3つ紹介しますが、1つめは定番ならではの効率的な方法、2つめと3つめは僕が個人的に教えていた方法です。

 

暗記シートを使う

 

コクヨ 暗記用ペンセット チェックル ピンクセット
created by Rinker
¥316
(2019/11/13 00:31:14時点 楽天市場調べ-詳細)

 

蛍光ペンの色と赤色シートの色の関係を上手く使って、ラインを引いた箇所をシートで隠すと文字が見えなくなるようにすることができるセットです。

 

受験生にとっては定番かな~と思いますが、やっぱりこの手の商品はめちゃくちゃ効率が良いです。

 

・覚えたい箇所にラインを引くだけ
・安い
・かさばらない

 

と、メリットばかりの商品です。

 

社会の歴史や政治経済、理科の生物や化学(特に無機化学と有機化学)分野において強いです。

 

最近だと赤シートでラインを引いた部分を隠す暗記術は浸透してきているので、最初から赤文字で書いてある参考書なんかもあるんですが、覚えたい部分は人によって異なるものです。だからこそ、”自分で暗記部分を調整できる”この商品は差別化できると思います。

 

どの教科でも使えるので、コスパも最強です。

 

受験勉強に本腰を入れるならば真っ先に欲しいツールですね。

 

すぐに取り出して使えるので、通学時間やスキマ時間に使うとさらに効果的です。

 

例えば、通学で電車に乗っている時間が10分だとして、往復で1日に20分。

 

1週間の平日(5日)で100分になりますよね。

 

100分あればいくつの内容を覚えられると思いますか?けっこうな数いけそうな気がしてきませんか?(笑)

 

ちなみに、ちょっと脳科学に専門的な話になるので結論だけ書きますが、記憶は「体を動かしながら」行うと効率が良くなります。

 

なので、ただ暗記シートを使うのではなく部屋を歩き回りながら使うと効率は良くなります。それと同じように電車に乗っているときは立っていることが多いと思うので、部屋で座ったまま暗記シートを使うよりも、電車で立っている時間の方が効率は良くなります。

 

学生
学生
普段はたくさん勉強しているんだから、電車に乗っている間くらい音楽聞いてリラックスしたい・・・

 

という思いも分かります。勉強をするためにはどこでリラックスするかは大切なポイント。

 

ただ、”暗記”ということを考えると体を動かしている通学時間こそ、超効率的な時間帯なのです。

 

リラックスは自宅に帰ってしましょう。

 

速攻で暗記モードに入れる暗記シートは必需品。これがなければ暗記は始まらないと言ってもいいくらいです。

 

トイレの壁に暗記したい内容を書いた紙を貼る

 

”自然に”暗記するということは、生活の中に暗記したい内容を目にする機会を増やすということ。

 

毎日必ず使う生活場面といえば、トイレや風呂場が当てはまるでしょう。

 

そういった生活の中に、暗記したい内容を書いた紙を貼っておき、自然と暗記できる環境をつくる方法です。

 

僕の家には、僕自身が大学受験をしたときに取り組んだ紙がまだ残っています。下の写真はトイレの内側の壁に貼ってある2枚です。

 

 

化学の周期表だったり

 

 

生物の系統樹だったりですね。

 

僕は資料集に載っているページをコピーして貼っていました。

風呂場に貼っていたものは外してしまいましたが、クリアケースに入れておけば水気も気になりませんね。

 

【コクヨ】 カードケース(環境対応) 硬質タイプ B4クケ−3004N 入数:1
created by Rinker
¥194
(2019/11/13 00:31:14時点 楽天市場調べ-詳細)

 

こういった硬質のカードケースならば間違いなしですね。使い回しできるし幅広く使える商品ですね!

 

例えば社会の年表だったり、数学の公式をまとめた紙だったり、自分のニーズを自分で判断して用意していけば良いと思います。

 

これはめちゃくちゃ効果がありますし、生活の一部なので「勉強している」という感覚が強くないです。そのためストレスもあまり感じません。

 

スマホの暗証番号で数字を暗記する

 

散々引っ張ってきた身近な「アレ」とは、スマホです。

 

スマホは学習にも効果的なことは知られています。カメラで参考になるものをすぐに撮影したり、iPhoneではAppleが学習用のアプリをたくさん開発しています。

 

その方法はまた別の記事で書くとして、今回は違うものを使います。それが

 

暗証番号

 

です。iPhoneで言うとのロック解除の番号ですね。ライフハックにも近いかもしれません。

 

これを効果的に使えば、社会の年表をはじめ、様々な”数字”をガンガン覚えていくことができます。

 

例えば、社会で習う「国家総動員法」が何年に施行されたか・・・。

 

答えは1938年です。

 

中学生で習っているはずですが、なかなかマイナーなので覚えている人は少ないと思います。当時の僕はこの国家総動員法が施行された年が覚えられず、模試で点数を落としたんです。

 

なので、当時はガラケーでしたが、暗証番号を「1938」にしました。

 

そうすると、携帯を使おうとして開く度に「1938」と打たなければならないので、嫌でも覚えます。大体1つの数字を覚えるのに1週間かからないくらいですね。早ければ3日で長期的に覚えることができます。

 

僕は大人になって中学社会科から離れてけっこう経ちますが、それでも国家総動員法をはじめ、この方法で覚えた内容は覚えています。

 

この記事を読んでくださっている方、1日に何回携帯を使いますか?その回数分、暗記のチャンスにすることができるのです。

 

これは僕の生徒にも大好評でした。「何度覚えてもすぐ忘れてしまう」とか「何故か分からないけど覚えてにくい」みたいな内容はたくさんあるものです。そういった内容をピンポイントで重点的に覚えることができ、さらに生活の中での学習なので長期的に覚えることが可能です。

 

あ、万が一ロックナンバーを忘れちゃうとめんどくさいので、どこかに紙媒体でメモを残しておくことをオススメします(笑)

 

 

 

まとめ ~暗記のポイントは自然に反復~

 

以上、3つの暗記術を書いてみました。

 

まとめると、

 

「暗記シート」は間違いなく効果的ですので、暗記シートを基本とすることをオススメします。そして、「トイレなどに紙を貼る」「スマホの暗証番号を使う」などの方法を使って長期的な記憶も目指します。

 

絶対に覚えられる!最強暗記術!

・暗記シートは間違いなく効果的なので、真っ先に導入するべき
・暗記内容を書いた紙をトイレや風呂場など、生活の中で毎日目にする場所に貼っておく
・スマホの暗証番号を使って数字を暗記する

 

これらを行えば、とにかく生活している中で反復をする機会が増えるので、絶対に暗記することができます。

 

みなさんもぜひ試してみてください!

 

では、また~。

 

ABOUT ME
れぽん
れぽん
公立学校で教員をしています。 毎年担任をしていますが、持ち帰り仕事や休日出勤はゼロです! 試行錯誤しながら考えた仕事術なんかを書けたらと思います。 他にも、学生や保護者向けの記事、趣味全開の記事など書きます。 物書き楽しい!!
こちらの記事もおすすめ!